高知県では昔から柚子の種を使って作った化粧水が多くの方に愛用されいます。

高知県では昔から柚子の種を使って作った化粧水が多くの方に愛用されいます。

柚子の種のまわりにはペクチンが多く含まれており、高い保湿力があるため、乾燥したお肌を守ってくれます。

保湿力があるためしっとりとしており、でもベタベタしておらず、サラッとしたつけ心地です。

保湿力があるためしっとりとしており、でもベタベタしておらず、サラッとしたつけ心地です。

乾燥が気になるところや日焼けした肌など、全身にたっぷりと使うことができます。


 

– 柚子の種の化粧水のレシピ –

 

用意するもの
柚子の種・焼酎、またはホワイトリカー(種の3倍~5倍程度の量・20度~25度程度で自分に合ったものを選びましょう。)・清潔な瓶
※日本酒はアルコール度数が低いため、保存期間が短くなります。

手順

① 清潔な瓶に柚子の種を入れます。

② 種の3倍から5倍の量のお酒(焼酎やホワイトリカー、日本酒)を入れます。

③ 冷暗所か冷蔵庫の中に入れて1日1回程度振り混ぜます。

④ 1週間から9日経ったら種を濾して100均などで購入した容器に入れてできあがり。